背骨と慢性痛
千歳船橋駅30秒祐気堂マッサージ院長御木です
慢性痛でお悩みの方の
背骨を見ると弾力が無く生理湾曲に異常がある方が非常に多くいるのに驚かされます。
腰痛,肩の痛み、膝の痛みで手術以外改善の見込み無しと言われた人たちが
背骨に弾力性が戻って来ると,
それまで何をしても改善しなかった、痛みや可動域に嬉しい変化が多く見られるようになります。
痛みの部位にとらわれず
全身の関節可動域の改善もちろん脊柱(背骨)の関節1つずつの可動域改善が
慢性痛や原因不明の症状にとても良い変化を与えます。
痛みや不具合を感じる部位にとらわれずに
全身の関節可動域の改善
急がば回れ!
と言う言葉をおもいだしながら、祐気堂マッサージでは取り組んでいます。

「せぼね」と「病気」

この図は長生医学に基づいて書かれたものです
背骨一つ一つの可動域制限は
内蔵の病気にも関係していますよという図です。
背骨の中を脳髄液が循環しております。
この、脳髄液循環が脳の活動や自然治癒力に大きな影響を与えています。
この動画は祐気堂マッサージのプロモーション動画です

 

背中曲がり・腰曲がり(後弯症)とは

図1 背骨(脊柱)

背骨(脊柱)は、前後の方向から見るとほぼ真っ直ぐで、横から見ると首(頚椎)、胸(胸椎)、腰(腰椎)の部分でそれぞれ前後に弯曲しています(図1)。
椎骨の数は、
頚椎に7個、胸椎に12個、腰椎に5個、さらに仙骨が1個、尾骨が2〜3個あり、合計27〜28個あります。
(祐気堂マッサージではこの一つ一つの可動域を改善してゆきます。)

頚椎と腰椎が前弯といって前に出た形、胸椎が後弯といって後ろに出た形が正常です。

この弯曲によって、しなやかなバネのような感じで動き
上体を前に倒したり,ジャンプしたり、することができるのです。

脊柱変形

この背骨(脊柱)が、異常に曲がってしまうことを脊柱変形といいます。

曲がる方向は、大きく「前に曲がる(前弯症)」、「後ろに曲がる(後弯症)」、「横に曲がる(側弯症)」に分けられますが、

一番問題になるのが前に曲がる後弯症です(図2)。

図2 後弯症
後弯症には、腰の前弯が後弯になるタイプと、
胸の後弯がさらに強い後弯になるタイプ、
首の前弯がなくなって前に倒れるタイプ、
そして、これらが合わさったタイプがあります。

何らかの症状をともなって受診する人の多くの腰椎が後弯しております。

 

高齢者の背中曲がり・腰曲がり(後弯症)の原因

 

後弯が多い理由として、日常生活での姿勢が影響していると言われています。
日常の動作では、
ほとんどが自分の前方で作業をする(ものを持ったり、拾ったりなど)姿勢になります。
すると、体を前に倒すことが多くなり、背骨(脊椎)の前方に負荷がかかりやすく、
そのために後弯になる人が多いのではないかと考えられています。

最近ではPC作業やスマホ操作の時間が増えてきたことなどが原因の1つと考えられます。

まとめ

原因不明の症状で、お悩みの方

全身の関節の可動域改善を!

背骨の弾力性を復活させましょう。

 

 

お問い合わせはこちら

相談やお問い合わせ、ご予約はこちら

あん摩や指圧、マッサージの事で気になる事がありましたら、まずはお電話下さい。
スマホで下記のバナー(画像)をタップすると発信します。
気になる点や確認したい事などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールマガジン会員様募集中

初めての方には、60分または90分の施術が1000円引きになるお得なクーポンをプレゼントしています。また、身体にいいお話をお届けしていますので、まずはメールマガジンに登録してみませんか?詳しくは下記の画像から!

おすすめの記事