千歳船橋駅から30秒祐気堂マッサージの御木です。

祐気堂マッサージはあん摩マッサージ指圧の治療院です。

按摩は背骨や骨盤の位置を整える

 

按摩は、揉みほぐしながら背骨や骨盤の位置を調整しています。
古法按摩に関節を調整する技術があり、それが現在の関節運動法や関節矯正法に継承されています。

あん摩マッサージ指圧と言うとただ「もむだけ」の治療ですか?と思うかたが多いと思いますので

祐気堂マッサージの治療方法を少しだけご紹介いたします。

まずは、先日来院された患者さんの施術前と施術後の姿勢分析写真をご覧下さい。

 

 

施術後の写真と比較すると、頭の位置膝の位置が改善されているのがおわかりになると思います。施術後は、この方は体の中に通った軸に沿って「すっと」立っています。

按摩は、あん摩指圧マッサージ師の資格者だけが使える手技ですが、揉みほぐしながらこのように背骨や骨盤の位置を修正して姿勢を整えているのです。

いわゆる「整体」の先生にかからないと体の歪み(ゆがみ)が直らないと思っている方がいらっしゃるのですが、あん摩指圧マッサージ師の仕事は、それを含んでいることを知っていただきたいです。

 この方は、膝の痛みと腰の痛みで来られたのですが、さわってみると肩首もとても凝っていました。

左右差やねじれを整えながら揉みほぐす

 

筋肉の緊張が生じる左右差やねじれを器具を使いながら整えると、体が緩み、そこで揉みほぐしながら調整していきます。

 この方に行った施術は、当院独自の方法も混ざっていますが、簡単にご説明しましょう。

 まず最初は、骨盤の左右差とねじれがとても気になったので、三角ブロック(Medical Shoes Biock)を入れて骨盤の左右差とねじれを整えながら背骨全体を指圧と按摩で揉みほぐしました。

 

ブロックで骨盤の歪みを調整すると全身の緊張が緩みます

骨盤の歪みが取れると全身の緊張が緩み、足の長短のバランスも改善されます。

骨盤の緊張が取れると、首肩の緊張が取れやすくなります

 

骨盤の歪みが取れると全身の緊張が緩み足の長短のバランスも改善されます。

下半身の緊張が取れて首肩の緊張が取れやすくなります。

 

 

次に四角の「魔法のボックス」に両足を乗せて、足と腰からの影響を少なくした姿勢で上半身の緊張を緩めます。

 椅子に座っていることの多い人は椅子に座った姿勢を再現すると、緊張している筋肉が瞬時に柔らかくなりやすいのです。

 この姿勢で、おなかの奥深くの大腰筋を指圧で緩めていきます。大腰筋と胸回り肩甲骨周りを緩めると、いわゆる「猫背」も改善しやすくなります。

大腰筋は上半身と下半身を繋ぐ姿勢にとても重要な筋肉です

 

大腰筋と腸骨筋を合わせて腸腰筋といいます。

腸腰筋が衰えると、足を上げて、さっそうとした姿勢で歩けなくなってしまいます。歩幅が狭くなり「すり足」のような歩き方になってしまいます。

さらに、骨盤が後傾して猫背になりやすく、腰痛の原因にもなります。

大腰筋は上半身と下半身を繋ぐ姿勢にとても重要な筋肉です左右差を整える事は姿勢改善にとても重要なポイントとなります。

揉みながら体の歪みを取るのは昔からの按摩の技法

 

慢性的な姿勢の悪さが原因のコリは三角ブロックや魔法の四角いボックスを使用して、異常な緊張を取り除き、運動法やストレッチを入れながら揉みほぐして行きます。

按摩と言うともむだけと思っている人が多いと思いますが、

按摩(あんま)は歴史が古く、古法按摩の手技には「調摩の術」「解釈の術」「利関の術」という三つの基本手技が継承されています。

古法按摩の手技について、
詳しくはまた別の記事でご紹介したいと思いますが、この中の「利関の術」は、「関節を調利する」という意味で、現在使われている関節運動法や関節矯正法などの技術に継承されています。

もちろん、疲れがひどくたまっていて、「ひたすら揉んでほしい」と希望される患者さんもいらっしゃいます。

そのようなご希望にもお応えします。 

今回、一例として取り上げた方のように、姿勢の歪みが気になる方には調整しながら施術しています。

 

姿勢分析は無料で希望者のみ撮影しております。ご希望の方はご予約時に是非申し付け下さい。

ご自分で変化を目で見て確認できるので、なかなか好評です。

 

 

 

 

おすすめの記事