「酒は百薬の長だから、ほどほどに飲めば健康に良い」は本当か

「酒は百薬の長だから、ほどほどに飲めば健康に良い」と言う話を良く聞きませんか?

づ~っ~と信じて疑うことはありませんでした。

ある本に出会うまでは!

妻にも少量のお酒は健康に良いのだから、と勧められて

ついつい飲み続ける日々を送っておりました。

 

「酒は百薬の長」は酒税のためのキャッチコピーだった!

「酒は百薬の長だから、ほどほどに飲めば健康に良い」と言う話を良く聞きます。

その言葉を信じてついつい、飲んで、習慣化してしまい、やめられない!

そんな自分が本当に良いのかなと思いこの言葉の由来を

調べて見ました。

なんと!
「酒は百薬の長」は酒税を創設した時の、
新王朝の皇帝・王莽が発した、政府の酒税のためのキャッチコピーだった!

 

 

「酒は百薬の長」という名言の出典は、中国の歴史書『漢書』の「食貨志(経済に関する記録)」に確認することができます。「酒は百薬の長」は、新王朝の皇帝・王莽が発した、政府の専売事業に関する詔の中の一節です。

「酒は百薬の長、嘉会の好」と記されており、現代語に訳すと「お酒はたくさんの薬に勝るもので、めでたい集まりにふさわしいものである」というような意味です。問題は、この後です。

同じ詔の中で、酒のほかに塩と鉄についても記載され、それぞれ酒と同じくらい、その素晴らしさをほめたたえているのですが…最終的に何が言いたいかと言えば「素晴らしくて重要だから、これらは政府の専売事業とする」という内容なのです。要は、自分を筆頭とする政府で、儲かる物資の利権を独占するよ、という宣言です。

王莽といえば、日本の歴史物語『平家物語』の有名な序章『祇園精舎』にも、その名が登場します。「ものすごく調子に乗った傲慢な為政者・平清盛」を真打として登場させる前座的に「海外にもいた、似たような強烈な悪い独裁者の例」的に、「新の王莽」と挙げ連ねられるのです。

紀元前生まれの中国の皇帝の悪評が、1000年後の外国でも知られ、語り継がれるとは…。悪評を伝聞した人々の遺恨と執念を感じてしまいますね。

「酒は百薬の長」というフレーズの初出は、中国の後漢の時代に編さんされた歴史書『漢書』の「食貨志第四下」です。

時は前漢と後漢の間、王莽(おうもう)が帝位を奪い「新」の国を建てると、塩・酒・鉄を国家の専売制にしようとしました。

このときの命令の中に出てくるのが、「塩は食肴の将、酒は百薬の長、嘉会の好、鉄は田農の本」という一節です。

つまり、塩と酒と鉄は生活するうえで重要なものだから国営で販売する、という専売の理由づけとして挙げられた文言で、医学的な知見に基づいた言葉ではありませんでした。

しかし、酒の専売をはじめ王莽の政策はことごとく失敗したとされ、新はわずか15年で滅んでしまいます。

また、「酒は百薬の長」と言ったら「されど万病の元」と返されたという方もいるかもしれません。

この付言の原典とされているのは、兼好法師が著したとされる『徒然草』です。

その第175段には「とはいへど、万の病は酒よりこそ起れ」とあります。

これ以降、日本では「適量ならば、飲酒は健康に良い」という意味で「酒は百薬の長、されど万病の元」というフレーズが定着しました。

古代中国の政令の一節が、およそ1300年もの時を経てアレンジされ、おなじみのフレーズとなっているというのは興味深いですね。

「酒は百薬の長」という名言の出典は、中国の歴史書『漢書』の「食貨志(経済に関する記録)」
食貨志を
現代訳すると、
そもそも塩は食物で最も大切なもので、酒は多くの薬のなかでもっとも効果があり、祝いの席に欠かすことは出来ない
鉄は農耕の基本であり、名山や大きな湖沼は豊饒な倉庫である。
この皇帝財源として酒税を創設し、その際に消費を促進させるためのキャッチコピー
としてこの言葉を民に宣布したのが真実らしい。
医学的な根拠はまったく無く数千年も語り継がれた言葉のようです。
このことを知って酒の量減らそうかなと思いました。
「酒は百薬の長」すごいキャッチコピーだった!のですね

禁酒は出来るかな

この「酒は百薬の長」がキャッチコピーだったのを知って

そして

ある本に出会って

禁酒を決意しました、その本についてと禁酒について

次回のブログに書きます。

お問い合わせはこちら

相談やお問い合わせ、ご予約はこちら

あん摩や指圧、マッサージの事で気になる事がありましたら、まずはお電話下さい。
スマホで下記のバナー(画像)をタップすると発信します。
気になる点や確認したい事などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールマガジン会員様募集中

初めての方には、60分または90分の施術が1000円引きになるお得なクーポンをプレゼントしています。また、身体にいいお話をお届けしていますので、まずはメールマガジンに登録してみませんか?詳しくは下記の画像から!

おすすめの記事