毎日25グラム以上の大豆タンパクを食べれば懸垂の回数は増えるか?

千歳船橋駅から30秒祐気堂マッサージの院長、御木です。

NHKの番組ためしてガッテン、最近は「ガッテン!」にタイトル名が変わったらしいですが。

「心臓病予防&筋力アップ!健康長寿をかなえるスーパーフード!?」というタイトルに引かれて、久しぶりに見てみました。

10年前に心筋梗塞を体験した自分にとって「心臓病予防&筋力アップ!健康長寿をかなえるスーパーフード!?」は、とても興味を引く、タイトルでした。

 

毎日の食事に大豆タンパク質を8gプラスで筋力アップ!
摂取タンパク質のうち25gを大豆タンパク質に変えると心臓病予防!

筋力UPに心疾患予防!?宇宙や世界を舞台に明らかになってきたスーパーフードの秘められた力。それは私たち日本人にとって、ソウルフードともいえるとても身近な食材「大豆」でした!近年宇宙を舞台にした研究で、大豆タンパク質に筋肉の萎縮を抑制する働きがあることがわかってきました。さらに、番組では世界64の国と地域を飛び回り、大豆の持つさらなる力を発見した、家森幸男さんの研究にも注目。家森教授が集めたのは、なんとおよそ17000人分のおしっこ!そのビッグデータから、大豆の摂取量が多い地域ほど心疾患が少ないことが浮かび上がってきました。太古より日本人が食べてきた大豆。その小さな粒には単なるタンパク源ではない、日本人の健康長寿を支える秘密が詰まっていました!

 

25グラム以上の大豆タンパクを毎日食べてみよう

毎日25グラム以上の大豆タンパクを食べれば、

筋力アップと心臓病予防に効果があるとのこと。

ためしてガッテンしてみよう!と思う番組でした、ちょうど66歳の誕生日を迎えたところなので

毎日大豆タンパクを食べて、懸垂に挑戦してみようと思いつきました。

2019年6月8日現在逆手懸垂1回出来る状態です。

毎日大豆タンパク25グラム以上食べて、筋力がどれだけ向上するのかとても楽しみです。

この「ガッテン」を見る前に
たまたま

ナニコレ珍百景と言う番組で82歳の男性が懸垂を軽々数回こなす番組を見たのも影響されました。。

ナニコレ珍百景
■鉄棒でトレーニングするスーパーおじいちゃん(愛知県春日井市)★珍百景登録★

82歳の野々山辰夫さんが、公園の鉄棒で20回の懸垂をしたり、グルグル回転したりと、毎日パワフルにトレーニング!
70歳の頃、何となく挑戦してみた懸垂が1回もできなかったことからトレーニングをするようになったそうで、毎日やっているうちにこれほど鍛えられたという。
趣味の釣りで釣り上げた大きな魚を自分でさばき、魚中心の食事でタンパク質を多く摂り、よく動きよく食べることが健康の秘訣なのだとか。

 

毎日大豆タンパク25グラム以上食べて鉄棒で懸垂にちょうせんしてみよう!

 毎日大豆タンパク25グラム以上たべて毎日鉄棒で懸垂に挑戦してみよう。

そう決意したらテレビでは梅雨入り宣言!
ひゃ~~!

決意した次の日からあめです!

公園の鉄棒に行けないので室内で毎日20回×5セツト以上の腕立て伏せに挑戦!

朝はリンゴ・小松菜・にんじんに大豆プロティンジュース

昼・夜は・納豆と八丁味噌の味噌汁などを取り入れて25グラム以上の大豆タンパクをとるようにしています。

とりあえず30日続けてどのような変化でるか楽しみです。

1週間続けた途中報告

毎日25グラム以上の大豆タンパク室を食べて。

雨の日は、20回×5セットの腕立て伏せを欠かさず継続してみました。

結果最初2回だった懸垂が4回できるようになりました。

目標10回目指してファィトです!

おすすめの記事